悩むあなたにプロが解決!遺品整理業者を探すなら「みんなの遺品整理」がおすすめ!

はじめての遺品整理は「みんなの遺品整理」がおすすめ!失敗しない遺品整理業者の探し方!

「おすすめの遺品整理業者が知りたい。」

「実家が遠方で、遺品整理に手が付けられない。」

「忙しくて遺品整理が出来なくて困ってる。」

実際のところ、遺品整理に慣れていない方がほとんどで、悩みは色々と尽きないと思います。

高齢化社会の進展や、核家族化が進んでいる現在の日本の背景もあって、実は、同じような悩みを抱えている方は実際にひじょ~~~に多いです。

それにともなって、遺品整理業者に対する需要が増えており、どんどんと開業する人も増えてきているんです。

今や、日本全国でいうと8~9000社近くの遺品整理の専門業者があると言われており、これからも遺品整理業者数は年々増加しつつある傾向にあります。

しかし、この遺品整理の需要にあやかって、不当な遺品整理業者による高額請求や廃棄物を不法に投棄する者など、トラブルも増加傾向にあり、国民生活センターへの苦情が年々増えているのも事実です。

「大切な母の遺品だけど、家族だけでは時間も余裕もないから、専門業者に頼むしかないんだけど、、、。」

と思っている方に冒頭でこんな話をしてすみません!ますます不安になりますよね!

でも!大丈夫です!!!!

もちろん悪徳業者は少数派です。

そして、今回おすすめする「みんなの遺品整理」なら、遺品整理が初めての方のそんな悩みも一発で解決してくれます!

そもそもこの「みんなの遺品整理」は、株式会社LIFULL seniorが一般社団法人遺品整理士認定協会と共同で運営する遺産整理業者検索サイト!

まだまだ法整備がされていない遺品整理業界の中で、悲しみに漬け込む違法行為を行う悪質な業者から身を守るために立ち上がったサイトになんです!

みんなの遺品整理で遺品専門業者を探すことで、

<みんなの遺品整理の7つメリット>

  1. 遺品整理士認定協会の相談員によるサポート付き!
  2. 3社に無料で一括見積もりが可能!
  3. 全国で厳選に審査した602社が対応!
  4. すべての業者に遺品整理士が在籍!
  5. 遺品整理士認定協会による加盟審査に通過した業者のみ取り扱い!
  6. お見積金額が適正なものか、運営側でチェック!
  7. 口コミはすべてご依頼者から頂いたもの!

などなど、初めての遺品整理でも、多くの優良な遺品整理業者の中から、比較検討しながら、あなたに合った最適な業者選びが可能です。

今回この記事では、そもそも遺品整理業者とは何ぞや?という基礎的な疑問から、遺品整理業者を使うことのメリットやデメリットを紹介していきます!

遺品整理に悩まれている方のお役に少しでも立てればと思っています。

それでは、参ります!

\安心の一括見積りで複数業者を比較しよう/

みんなの遺品整理公式サイトへ

遺品整理業者を探すなら「みんなの遺品整理」!みんなの遺品整理をおすすめする7つのメリット!

みんなの遺品整理 7つのメリット

いざ遺品整理業者にお願いしよう!っと思っても、「結局どうやって探せばいいの?」「数ある遺品整理業者の中から優良で遺品整理業者は見つけられるの?」と思いますよね。

そこで、今回おすすめするのが「みんなの遺品整理」なんですよね。

「みんなの遺品整理」に登録されている業者は、すべて厳しい審査を通過した業者のみ

そして手間もかからず、一括して複数業者に相見積もりをお願いできるので、はじめて遺品整理を考える方に特におすすめです。

では、「みんなの遺品整理」で遺品整理業者を探す7つのメリットを細かくご説明していきます。

メリットその1│遺品整理士認定協会の相談員が丁寧にサポート

遺品整理士認定協会の相談員がサポート

「みんなの遺品整理」で業者選びをするメリットその1!

この「みんなの遺品整理」では、遺品整理に慣れていない方や適切な業者選びに困っている方向けに無料で電話相談ができるサポートがあるということです。

遺品整理士認定協会の相談員が、ご相談ごとから遺品整理業者の細かい情報まで、幅広くご紹介してくれるというわけですね。

遺品整理士認定協会・・・遺品整理業者によるトラブルが増える中、遺品整理業に対する社会的役割やあり方について是正するために立ち上がった協会です!この協会が、遺品整理の正しい知識を持った遺品整理士の資格認定を行っています。

遺品の供養をお願いしたい!遺品の買取りをお願いしたい!遺品整理と一緒に家も解体したい!、、、などなど同じ遺品整理でも、依頼者によってお願いしたいことも多少変わってくるんですよね。

やっぱり遺品整理業者によってもサービス内容は全く同じというわけではなく、業者によって得意不得意があります。

「みんなの遺品整理」では、プロの視点から、あなたに見合った遺品整理業者をご紹介してくれるので、安心して業者選びができるというわけです。

メリットその2│遺品整理業者を無料で一括相見積もりが可能!

複数業者に同時見積り

「みんなの遺品整理」で業者選びをするメリットその2!

それは、「みんなの遺品整理」では一括して複数業者に相見積もりが取れるということ!もちろん無料で!です!

一社ずつ依頼するのはなかなか手間ですよね。

そこを一括で担ってくれるのは、個人的にかなりありがたいな~と感じています!

そもそもなぜ相見積もりが必要なのかについてですが、やっぱり遺品整理に掛かる金額は決まった額ではありません。

一社だけにお願いするとなると、それがなかなか気が付きにくいんですよね。

一社にお願いした金額!実は相見積もりを取ってたら、めちゃめちゃ金額が違ってたというのは遺品整理業者あるあるですね。

安値合戦で遺品整理業者の価格を抑えよう!

一斉見積もりのメリットは、依頼者側からすれば、単純に価格の比較をするためだけかもですが、業者側すれば、なんとしても契約してほしいお客様!

一斉見積もりをすることで、業者同士が勝手に安値合戦をしてくれるってことです!

みんなの遺品整理で遺品整理業者の空き状況を把握!

また、一斉に見積もりを取れるので、遺品整理業者の空き状況を瞬時に把握できます。

一社一社依頼するのも手間なのに、いざ依頼してみたら、相手業者の日程が詰まってる!なんてことも!

特に故人が賃貸に住んでいて、貸主や所有者さんから退去を急かされている場合などもすぐに空き状況を把握しておきたいところだと思います。

このみんな遺品整理なら、一括して見積もりをお願いできるので、業者の空き状況の把握も一発できるので、手間がかからないところも良いポイントです!

一斉相見積もりで、価格以外にも遺品整理業者のサービスの内容の比較も可能

複数業者に一括で見積もりをお願いできることで、料金以外にも遺品整理業者のサービス内容が比較しやくなります。

少し触れましたが、遺品整理といっても様々。

サービス内容はも業者によって、変わってきます。

家での孤独死!いわゆる事故物件を専門としている業者、ゴミ屋敷の家を専門にしている業者、死後ではなく生前の遺品整理を得意としている業者、、、など遺品整理業者にも、得意としているサービスが若干変わってきます。

その点、「みんなの遺品整理」はとても便利で、遺品整理士認定協会のプロの相談員による無料サポートや、業者を探すときに「得意としているサービス内容に沿った業者検索」ができるシステムになってるので、初めての方も自分に適した業者が探しやすくなっています。

そんな遺品整理業者を細かく分けると、

  • 生前整理業者
  • 特殊清掃業者
  • 空き家片付け業者
  • ゴミ屋敷清掃業者

に分けられます。

ざっくりとですが、おおまかに各業者を解説していきますね。

遺品整理業者の種類│生前整理業者(福祉整理業者)

まずは、生前整理業者!

この記事で説明している遺品整理業者は、故人=亡くなっている方を前提にお話しをしているので少し趣旨がズレますが、実は、遺品整理は生きている方もできます!

つまり、生前整理業者は、言葉のとおりで、亡くなっている方の遺品整理ではなく、生きている間に遺品整理をお願いする業者になります。

相続で大変な苦労や思いをした方などが、

「生きているうちに残された家族の負担を少しでも減らしたい」

と、老人ホームや介護施設に入居する際や、同居にともなう引っ越しのタイミングで、お願いするケースが多いようです。

具体的な内容ですが、

  • 高齢者の身の回りの片付け代行
  • 自分の葬式の手配
  • 遺品の相続する者を決める

といったことを行います。

いわゆる終活に当たりますね。

終活・・・自らの人生の終わりに向けた活動の略。葬儀の手配、遺言書の準備、財産分与、身の回りの整理などを残された遺族に残さないよう、自らで行っていく活動。

遺品整理業者の種類│特殊清掃業者

特殊清掃業者とは、お部屋での孤独死など、いわゆる事故物件といわれるお部屋の原状回復を専門とする業者になります。

実は、遺品整理を業者に依頼する場合、この特殊清掃を専門としている遺品整理業者に遺品整理をお願いすることが圧倒的に多いのが現状です。

遺品整理の依頼内、約7割が孤独死によるものと言われています。

理由は、一般的に事故物件となった物件は発見が遅れがちということ!

つまり、長期に放置されていることが多く、発見した時には激しい異臭や菌の蔓延により、一般の方ではお部屋へ入ることもできないといったケースが多くからです。

特殊清掃業者は、特殊な防護服をまとい、床に染み込んだ血液や体液を特殊な薬品により除去したり、オゾン脱臭機を使用し、消臭除菌を行います。

また、空き家に住み着いた動物の糞尿の撤去や消臭を行うことも特殊清掃業者の仕事になります。

遺品整理業者の種類│空き家片付け業者

空き家の残置物の処理業者は、長年誰も住まず空き家となったお部屋の残置物を専門に処理する業者です。

行政書士や不動産会社などと連携し、土地や建物の売買や取り壊し、立て直しといった空き家の再活用なども提案してくれる業者もいます。

遺品整理業者の種類│ゴミ屋敷清掃業者

お部屋の中がゴミで溢れかえり、自らでは処理できなくなった場合に、部屋のごみ処理を行ってくれる専門の業者です。

体力の衰えた高齢者や認知症になった方や、精神ストレスを抱えている方が依頼することがケースが多いようです。

メリットその3│全国602社の遺品整理業者と提携!業者を比較検討できるので安心!

全国602社以上と提携

みんなの遺品整理で遺品整理業者を探すメリットその3!

「みんなの遺品整理」は、全国602社と提携しているので、東京・大阪・福岡・名古屋などの主要都市はもちろん、日本全国47都道府県をすべて網羅しています!

しかも、遺品整理士認定協会のお墨付き!

お住いの地域によって「みんなの遺品整理」で業者選びができない!ってことはないですし、優良な提携業者が602社とめちゃくちゃ多いので、どこにいても業者を比較検討できるというわけです。

「みんなの遺品整理」で対応可能な各都道府県の遺品整理業者数を調べてみた

関東エリアの遺品整理業者数
東京都・・・計162社 神奈川県・・・計139社 埼玉県・・・計133社
千葉県・・・計119社 茨城県・・・計70社 栃木県・・・計60社
群馬県・・・計68社
北海道・東北エリアの遺品整理業者数
北海道・・・計39社 青森県・・・計13社 岩手県・・・計18社
宮城県・・・計20社 秋田県・・・計11社 山形県・・・計18社
福島県・・・計26社
北陸・甲信越エリアの遺品整理業者数
新潟県・・・計17社 富山県・・・計13社 石川県・・・計14社
福井県・・・計17社 山梨県・・・計31社 長野県・・・計32社
東海エリアの遺品整理業者数
岐阜県・・・計49社 静岡県・・・計50社 愛知県・・・計71社
三重県・・・計61社
近畿エリアの遺品整理業者数
滋賀県・・・計59社 京都府・・・計67社 大阪府・・・計82社
兵庫県・・・計81社 奈良県・・・計60社 和歌山県・・・計40社
中国・四国エリアの遺品整理業者数
鳥取県・・・計16社 島根県・・・計17社 岡山県・・・計29社
広島県・・・計28社 山口県・・・計25社 徳島県・・・計13社
香川県・・・計18社 愛媛県・・・計15社 高知県・・・計12社
九州・沖縄エリアの遺品整理業者数
福岡県・・・計29社 佐賀県・・・計20社 長崎県・・・計14社
熊本県・・・計20社 大分県・・・計19社 宮崎県・・・計11社
鹿児島県・・・計12社 沖縄県・・・計3社

メリットその4│提携する全ての遺品整理業者に遺品整理士の資格を持った者が在籍

全て遺品整理士が在籍

みんなの遺品整理で遺品整理業者を探すメリットその4!

「みんなの遺品整理」が提携している業者は、すべての業者に遺品整理士の資格を持った者が在籍しています。

先でも少し触れていますが、この遺品整理士とは遺品整理の専門家!

遺品の取り扱いや、廃棄物の扱いに関する専門的な知識を有しているからこそ、故人の思いや残された遺族をしのび、寄り添った対応ができるというわけです。

今後の自宅の処分方法や今後の遺産分割のことなど、ちょっとした相談も、知識を持った遺品整理士にならしやすいですよね。

また遺品整理業者の中には、悪質な業者や、無知な業者による貴重品の処分、不法投棄も少なからずあります。

専門的な知識のある遺品整理士なら、勝手に貴重品を処分したり、不法投棄することもないので安心してお任せできます。

メリットその5│登録される遺品整理業者は、遺品整理士認定協会による厳しい加盟審査を通過した業者のみ!

遺品整理士認定協会による厳しい加盟審査

みんなの遺品整理で遺品整理業者を探すメリットその5!

みんなの遺品整理業者に登録された業者は、遺品整理士認定協会と株式会社LIFULL senior、この2社の厳しい加盟審査に通過のみになります。

  • 遺品整理士認定協会・・・遺品整理業界の健全化を図るため、遺品整理士の資格認定を行っている協会
  • 株式会社LIFULL senior・・・月間120万人が利用する老人ホーム検索サイト「LIFULL 介護」を運営

事実、違法行為を行う遺品整理業者とのトラブルが後を絶たない

というのも、残念ながら、すべてが心込めて遺品整理を行ってくれる業者ではないのが現状です。

冒頭でも少し触れましたが、核家族化や高齢化社会などの時代背景とともに、遺品整理業者数は年々増えつつある中で、消費者センターなどにクレームや被害報告が毎年2,500件以上報告されています。

この遺品整理業者の中には、高額請求、遺品の盗難、不法投棄などを行う悪質な遺品整理業者も少なからずいるのが事実だからです。

そんな遺品整理業界の健全化をはかるため、この2社が共同して立ち上がったのがこの検索サイト「みんなの遺品整理」になるというわけですね。

メリットその6│運営側で、依頼した遺品整理業者のお見積り金額をチェック

運営側による見積りのチェック

みんなの遺品整理で遺品整理業者を探すメリットその6!

みんなの遺品整理の運営側で、依頼した遺品整理業者の見積もりに間違いがないか随時確認してくれています。

遺品整理の料金には、おおよその相場というものはありますが、明確な金額というものは決まっていないため、遺品整理を依頼する一般の方にとって、「この見積もりって本当に正しいの?」って思ってしまいますよね。

みんなの遺品整理では運営側で、見積もりに誤りがないか、相場を逸脱した高額請求になっていないか、プロの目線で確認をしてくれるということです。

つまり、第三者による監査が入ることで、より正確な見積もりの提示になるということですね。

メリットその7│投稿された全ての口コミがご依頼者からよせられたもの

口コミはすべて依頼者のみ

みんなの遺品整理で遺品整理業者を探すメリットその7!

みんなの遺品整理の中に投稿された口コミは、すべて依頼者から寄せられたものだけ!になります。

というのも、ほかの遺品整理業者の口コミやアフィリエイトなどの遺品整理業者のランキングサイトって、信ぴょう性が低く、やらせの口コミなどもあるので注意が必要です。

が!みんなの遺品整理では、実際に利用した方のみの口コミなので、事実に沿ったものだけ!

つまり、全ての口コミがご依頼者によるものなので、遺品整理業者の生の評判がわかるので、業者の良し悪しが判断しやすくなるというわけです。

\まずは無料見積りで複数業者を比較しよう/

みんなの遺品整理公式サイトへ

「みんなの遺品整理」で依頼する前に知っておくこと│遺品整理業者の基礎知識について

遺品整理業者の基礎知識

ここからは、遺品整理業者の基礎知識について解説していきたいと思います。

遺品整理の需要の高まりとともに、テレビや漫画でも話題に取り上げられつつある遺品整理業者ですが、やっぱりまだまだ認知度の低い業界!

まずは、遺品整理業者への理解を深め、安心して使ってもらうためにも、遺品整理業者のサービス内容や、そもそも不用品回収業者との何が違うの?について詳しく説明していきたいと思います。

そもそも遺品整理業者って何?

遺品整理業者とは?

まず大前提ですが、遺品整理業者とは、亡くなった方を前提に片付けを代行する会社になります。

ですので、ただ不用品を処分するだけ!ではなく、残すものと処分するものに仕分けをしたり、貴重品などの捜索まで行ってくれるのが特徴的です。

詳しく後述もしますが、遺品整理は、しっかりと遺品整理の知識や経験を備えた遺品整理士がやってくれる(みんなの遺品整理で業者を依頼した前提の話)ので、遺族では正直判断がつきにくい遺品も、残すべきか処分するべきかについてのアドバイスもしてくれます。

そして、ざっくりした不用品回収業者と遺品整理業者の違いをいうと、

  • 不用品回収業者の対象物の考え方・・・不用品
  • 遺品整理業者の対象物の考え方・・・遺品

と上記のような考え方に違いがあるというわけです。

例えば、遺品整理業者は遺品の仕分け一つとっても、ヒアリングを行いながら、故人の思い出などに沿って丁寧な取り扱いをしてくれますし、仏壇や故人の思い出が詰まった遺品などは供養までしてくれるので、遺族も安心した気持ちで作業の依頼ができるというわけですね。

最近ではテレビ番組でも話題に取り上げられていました

テレビでも話題に!

昨今の時代背景もあり、だんだんと認知されるつつ遺品整理業者!

テレビでも取り上げられることも増えつつあります。

例えば、今回この記事でもご紹介している遺品整理業者一括サイトの「みんなの遺品整理」でも取り扱いのある「プロアシスト」が日本テレビの「世界一受けたい授業」に取り上げれていましたね。

同様に「みんなの遺品整理」で取り扱いのある「遺品整理エクシア」がテレビで取り上げられている動画があったので、併せて紹介しておきます。

遺品整理業者の仕事内容について

遺品整理業者の仕事内容

では、遺品整理業者の気になるサービス内容を下記のような感じです。

<基本業務>

  • 貴重品と処分品の仕分け
  • 貴重品の捜索
  • 不用品の回収と処分

<オプションサービス>

  • 遺品の供養とお焚き上げ
  • 特殊清掃
  • 自動車やバイクなどの処分サービス
  • 遺品の買取・鑑定・査定
  • ハウスクリーニング(消臭作業)
  • エアコンの取り外し
  • 解体工事や不動産の買取・仲介
  • 相続の相談

業者によっても、多少違いがありますが、上から3つのサービスが基本業務、下から8つがオプション業務といった内容です。

他にも、安心して業者に依頼できるように女性スタッフでの対応やクレジットカード決済にも対応した業者も数多くあり、サービスも多様化してきています。

では、各サービス内容について一つずつ説明していきます。

貴重品の仕分け作業

遺品整理業者の基本業務の一つである仕分け作業。

さきほども少し触れていますが、不用品回収業者と異なるのが、やっぱり丁寧な仕分けです。

不用品回収業者にとっては単なるゴミでも、遺品整理業者にとっては故人の大切な遺品。

ヒアリングを行いながら、故人の思い出や趣味趣向に沿って丁寧に実施したり、思い出の品で捨てづらいものは供養も実施してくれます。

遺族には判断がつきにくい物も、プロの目によって、適切に仕分けてもらうことができます。

貴重品の捜索

こちらも基本業務である貴重品の捜索!

ただ、基本業務といえど、貴重品の捜索は相続の手続きにもめちゃくちゃ重要で、遺品整理業者が業務の一環として特に力を入れている作業の一つになります。

具体的に見つけ出したいものとして、

  • 預金通帳
  • 実印
  • 不動産の権利書
  • 保険関係の書類

などがあります。

もちろん他にも多数ありますが、これらの物は特に重要になってきます。

なぜなら、遺産分割協議でも必要になってくるものだからです。

しかし、故人としっかりと話し合いも持てないまま、亡くなってしまうケースも、、、。

実は、残された遺族も故人の遺品がどこに何があるのか全くわからない!ということは多々あるんですよね。

そんな現場を多く経験している遺品整理業者は、「遺品の中から貴重品を探し出すプロ!」

多くの現場での経験や知識によって、遺族でさえ「え!?知らなかった!」というものまで探し出すこともあるので、事前に探してもわからないときは、遺品整理業者に相談してみるのも手だと思いますよ。

不用品の回収と処分

遺品整理業者でも、もちろん不用品回収業者と同じように不用品の回収や処分を行ってくれます。

特に、大型の冷蔵庫や洗濯機、食器棚などの家具の処分となると、一般の方には、かなりの重労働ですよね!

遺品整理の仕分けで出てきた不用品を一緒にお願いできるのは、ありがたいですね。

遺品の供養とお焚き上げ

遺品の供養とは、故人の思い出の詰まった写真であったり、愛用品であったりと不用品と一緒に廃棄するには忍びない遺品を、神社やお寺で供養するサービスです。

遺品整理業者よっては、合同供養であれば供養は無料!ってことや、依頼主の宗派にあわせてお坊さんを現地に派遣!などサービス内容は様々です。

孤独死など事故物件における特殊清掃

特殊清掃とは、ハウスクリーニングとは違い、故人がお部屋などで孤独死!など、いわゆる事故物件と言われる物件の清掃を行う特殊なサービスになります。

実は、事故現場の遺体発見は、遅れがちなケースがほとんどなんですね!

そして、お部屋についた体液や血液の汚れ、長時間放置されていたことによるご遺体の腐敗臭は、一般の方では耐えられないものとなる場合もあります。

そういった現場に対応するため、特殊清掃では、「事件現場特殊清掃士」といった専門的な資格を持った清掃士が、オゾン脱臭機など特殊な器具や薬品を使って清掃・消臭作業を行っていくものとなっています。

自動車やバイクなどの処分サービス

故人の自動車やバイクなどを残されたまま亡くなるケースも多く、これらの処分には遺族も困ってしまいがちです。

自動車やバイクは勝手に処分ができないもので、陸運局で名義変更や廃車の手続きを行ったり、などなど所定の手続きを踏まないといけません。

「他の相続や遺品整理で元々忙しいのに、さらに忙しくなるのはマジで勘弁!」

このサービスは、そういった方のためのサービスで、業者によっては、そのまま車を買い取ってくれる業者もあります。

遺品の買い取り・鑑定・査定

腕時計など高価な貴重品や、遺族ではわからなかった価値のあるものなどを遺品整理士が仕分け段階で鑑定・査定をしてくれる業者もあります。

遺品整理を業者に頼むとなると、やっぱり金額もそれなりに張ってくるので、あわせて買い取りを行ってもらうことで金額を抑えられるのはありがたいですね。

ただ、遺品を勝手に買い取りに出してしまうと、後々の相続でトラブルになるケースもあるので、買い取りをお願いする際は、相続人全員でしっかりと話し合ってから行うことが賢明です。

ハウスクリーニング(消臭作業)

ここでいうハウスクリーニングは、先ほど少し触れた特殊清掃ではなく、通常のハウスクリーニングサービスです。

台所やお風呂などの水回りなどなど、遺品整理後の室内の清掃を実施します。

特に、実家が遠方で掃除になかなか行けない方だと「時間」と「労力」を考えるとコスパがよくなる可能性もあります。

エアコンの取り外し

遺品整理とあわせて、エアコンの取り外しも行ってくれます。

エアコンの取り外しとなると、個人で行うとエアコンのガス漏れて性能が悪くなったり、重くて高い位置あるため、個人で取り外しを行うのはなかなか一苦労!

一緒にお願いする方が安全牌ですね。

解体作業やリフォーム工事、不動産仲介や買い取り

遺品整理業者がそのまま解体工事をすることはなかなか少ないですが、家屋の解体やお部屋の大型リフォーム、不動産仲介や買い取りなども遺品整理と一括して専門業者に業務の依頼を代行してもらうことができます。

実際に、故人がなくなったことを機に、

  • 使わなくなった家屋の解体
  • 古くなった家屋の大型リフォームを実施
  • 不動産の売却

などを考える方は多いです。

遺品整理業者は、不用品回収業者と違って、不用品を廃棄して「はいっ!おわり!」といったその場限りの対応だけでなく、このようなアフタフォローがあるのが特徴的ですね。

遺品整理業者と不用品回収業者の違いについて

遺品整理業者と不用品回収業者の違いについて

それでは遺品整理業者と不用品回収業者の違いについて詳しく説明しています。

簡単に違いを挙げると、

  • そもそものサービス内容の違い
  • 物品に対する考え方の違い
  • 処分業務に流れに関する違い

があります。

では、一つずつ両社の違いについてみていきたいと思います。

遺品整理業者と不用品回収業者のサービス内容の違い

まずは簡単に、サービス内容の違いを表にまとめました。

遺品整理業者 不用品回収業者
不用品の回収と処分
貴重品の捜索 ×
貴重品と処分品の仕分け ×
遺品の供養とお焚き上げ ×
特殊清掃 ×
自動車やバイクなどの処分サービス ×
遺品の買取・鑑定・査定 ×
ハウスクリーニング(消臭作業) ×
エアコンの取り外し ×
家屋の解体工事 ×
不動産の売却 ×
相続の相談 ×
仕分けや廃棄物の処理から不動産の売却や相続の相談まで、アフターフォローが手厚い!

上記の表のとおりですが、遺品整理業者は、不用品回収業者と違って、相続の相談などまでサービス内容がとても広いです。

その分、不用品回収業者に比べると費用が高くなりがちですが、亡くなった方を前提にしているので、不動産の売却や相続の相談など、不用品の回収後のアフターフォローが手厚いのが特徴的です。

不用品業者は、あくまで不用品を回収するにとどまるため、故人へのアフターフォローはなしです。

遺品整理業者と不用品回収業者の対象物に対する考え方の違い

遺品整理業者と不用品回収業者ですが、先ほど説明したサービス内容の違いだけでなく、根本的に対象物に対する考え方が違います。

  • 遺品整理業者の対象物に対する考え方・・・遺品
  • 不用品回収業者の対象物に対する考え方・・・不用品、廃棄物

廃棄することが前提なので、仕方のないことではあるとは思いますが、不用品回収業者にとって、対象物はあくまで不用品や廃棄物、いわゆるゴミになります。

なので、遺品整理業者に比べて、どうしても対象物に対する取扱いが雑になってしまいます。

遺品整理業者は故人・遺族の気持ちに寄り添って作業!配慮が行き届いている!

遺品整理業者にとっての対象物は、思い出の詰まった故人の大切な遺品!

対象物が遺品なので、おのずと処分に一つにしても丁寧な確認を行いながら、残されたご遺族の気持ちに寄り添った対応になります。

具体的には、

  • ご近所の方への配慮、挨拶の代行
  • 遠方だと、写真や動画報告を上げてくれる
  • お仏壇に手を合わせる
  • 作業対象が遺品なので、丁寧に扱う

などなど不用品を単純に捨てる!というものではなく、配慮のある対応を行ってくれます。

不用品回収業者に依頼するデメリット

故人の遺品整理を不用品業者に依頼する際のデメリットにも触れておきます。

<デメリット>

  • 作業対象が遺品ではなく、処分品なので、雑に扱うことも
  • 銀行口座などの貴重品も処分される
  • 相続の相談ができない
  • 特殊清掃やリフォームの相談ができない

貴重品などは、相続など遺産分割にとても重要なものになってくるのですが、不用品整理業者に誤って貴重品も処分される可能性がある!ということです。

なぜなら、不用品業者には、遺品整理士といった専門の資格を持ったものがいないため、相続に大事な物や不要な物の判断がつかないからです。

はじめての遺品整理となると、残された遺族も何が必要で何が不要かわからないことばかりで不安ですよね!

その点、遺品整理業者であれば、知識のある専門家が遺品の分別をしてくれるので、めちゃくちゃ安心だと思います。

遺品整理業者と不用品回収業者の処分業務の流れに関する違い

遺品整理業者は亡くなったことのお部屋が前提!不用品回収業者は、ご在宅のお部屋が前提!

遺品整理業者だと死臭が漂うお部屋でもなんなく侵入できますが、不用品回収業者だとそれができません。

なぜなら、死臭が漂うお部屋には雑菌を害する可能性あるからです。

そもそも亡くなった部屋を想定していないため、雑菌から身を守る専用の防護服を常備していないことが挙げれます。

遺品整理業者に依頼をおすすめする3つメリット!

遺品整理業者の3つメリット

では、遺品整理業者の3つのメリットを紹介します。

<3つのメリット>

  1. 物理的・心理的不安の軽減│心が軽くなる
  2. 貴重品の捜索│誤って捨てることをなくす
  3. 遠方での対応│望めば、立ち合い不要も可能

遺品整理業者に依頼をおすすめするメリット│1.物理的・心理的不安の軽減

物理的・心理的不安を軽減できるのは、遺品整理業者に遺品整理を依頼する一つのメリットです。

なぜなら遺品整理は、想像以上に労力を使うんですよね。

大型の家具の廃棄には、もちろんかなりの体力を使いますし、遺品整理の仕分けも何が大切で何がいらない物なのかなどを考えながらやるだけで、とても気疲れしてしまいます。

また、そういった物理的な事だけではなく、大切な家族を失った悲しみの中での遺品整理は、心理的にもとても辛いものです。

こういった業務すべてを遺品整理業者にお願いできると、依頼者の気持ちの整理もつけやすいですよね。

体力的な労力や気疲れの軽減だけでなく、心理的な不安の軽減というメリットに繋がるというわけです。

遺品整理業者に依頼をおすすめするメリット│2.貴重品の捜索

貴重品の捜索を遺品整理業者にお願いできるというのも、とてもありがたいメリットです。

銀行の通帳であったり、土地権利書、ローンの明細、遺言書など、後々の遺産相続に必要になってくるであろう貴重品の在り処を、残された遺族に伝えないまま、お亡くなりなるということも少なくありません。

タンスの引き出しの上にテープで貼り付けていたり、本の中に隠していたりなどなど。

遺族だけでは、貴重品を見つけることができず、誤って廃棄してしまうということもあるかもしれません。

専門的に遺品整理を行っている遺品整理業者は、そういった現場を多く経験していることもあり、ノウハウを駆使して捜索をすることができます。

あるはずの貴重品が見つからない!という時は、遺品整理業者に相談してみるのもありだと思います。

遺品整理業者に依頼をおすすめするメリット│3.遠方での対応

遺品整理業者にお願いする3つ目のメリットは、依頼場所が遠方でも対応可能だということです。

極論ですが、住まいは北海道で、実家は沖縄!沖縄で一人暮らしをしていた母の遺品整理をしなければならないが、遺族は北海道に住む私しかいない!なんてことも。

仕事の合間を縫って、飛行機で何回も行くというのは、大変な労力ですし、交通費だけでも莫大な費用が掛かってきます。

もちろん信頼できる遺品整理業者に限りますが、実は、委任状などがあれば、遺族の立ち会い不要で、対応してくれる遺品整理業者もあります。

実は、遺品整理業者にお願いしたほうが、逆にコスパがよくなるということもあるんですよね。

\まずは無料見積りで複数業者を比較しよう/

みんなの遺品整理公式サイトへ

遺品整理業者の料金相場と費用の目安を知ろう!

遺品整理業者の料金の相場

そして、気になるのはやっぱり価格の相場ですよね。

あくまで目安にはなりますが、お部屋の大きさに分けて、相場を調べてみました。

優良な遺品整理業者にお願いした場合の価格の相場

間取り 料金相場 作業員の人数 作業時間
1R・1K・1DK 30,000円~120,000円 1名~3名 1時間~4時間
1LDK・2DK 70,000円~250,000円 2名~5名 2時間~6時間
2LDK・3DK 120,000円~400,000円 3名~7名 3時間~10時間
3LDK 170,000~500,000円 4名~8名 5時間~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 5名~10名 6時間~15時間

処分したい家財の量や種類によって料金が大きく変動

ザクッと表でまとめましたが、同じ間取りでも価格にはどうしても大きな開きがでてしまいます。

部屋の大きさというよりも、処分したい家財の量や書類によって、料金が多く変動してしまうからです。

家具類などの大型の粗大ごみだと、どうしても作業員の数が増えてしまうし、リサイクル料も発生!エアコンの取り外しにしても別途費用が掛かる!

などなど、料金決定のメインは、廃棄物の量によって変動するということです。

もちろん、4LDKの間取りだから、上記表の相場の金額が絶対掛かるということではありません。

作業時間を短かったり、処分するものが少なかったりすれば、1Kや1LDKの相場の金額で終わることもあります。

要は、家財の量や種類によるってことですね。

各遺品整理業者によっても、価格は変動!

そもそも、遺品整理業者によって料金設定が違うんですね。

理由は、人件費・資材費・機材の維持費・サービス料、、、などなど各業者の設定が違うからです。

例えば、会社の規模が多くなると、一人当たりに掛かる人件費も抑えらるだろうし、業者の得意不得意によって資材や機材の価格も変わってきます。

交通の便や立地条件によっても、もちろん料金は変わっています。

現場が遠ければ、もちろん業者の交通費もかさみますよね!反対に現場が近ければ交通費は安い!そういった意味でも業者と依頼者の位置関係によって違いますよね。

遺品整理業者の具体的値段が知りたい場合

遺品整理業者の具体的な値段が知りたい

ということもあり、事前に具体的な料金を知るためには、遺品整理業者に直接訪問してもらって、現場の荷物の状況を確認してもらいましょう。

見積もりはあくまで見積もり。契約ではないので、もちろん無料です。

見積もり金額を確認後、「金額が合わないな〜。」と思えば、見積もり依頼後にキャンセルも可能なので、ご安心ください。

遺品整理業者による訪問見積もりで業者を良し悪しを判断できる!

それに、訪問見積もりって意外とよくて、金額だけでなく、直接、依頼業者の担当者と会えるので、その人物の人となりがわかるんですよね。

相手の顔を見て、業者選びもできるので、結果、安心して遺品整理の依頼ができるということです。

この人嫌だな〜と思えば、契約しなければいいだけですからw

そして、中には稀に、訪問見積もりに応じたがらない業者います。

そういった場合は、悪徳業者の可能性もありますので、選択肢から外しておきましょう。

遺品整理業者の料金の決まり方

遺品整理業者の料金の決まり方

金額の変動には、主に家財の量や種類と言いましたが、細かく言うと、作業日程や建物の立地条件によっても多少料金が変動しますので、一つずつ確認していきたいと思います。

遺品整理業者の料金の決まり方│家財の量

まずは、家財の量!先にも触れましたが、ここが一番料金に影響するところです。

理由は単純で、家財の量によって、人手や作業時間が増えると、どうしても人件費が増えてしまうんですよね。

例えば、広いけど家具のみ部屋より、狭いけどごみ屋敷の部屋を比べると、ごみ屋敷の部屋のほうが高くなる可能性があります。

これも家財を処分する人や作業時間によるものが大きからなんですよね。

遺品整理業者の料金の決まり方│処分品の種類

そして、処分品の種類も大きく影響していきます。

大きな家具や家電など、いわゆる粗大ごみというものになってくると、処分するだけでお金がかかってくるんですよね。

そして、費用が発生するというだけでなく、遺品整理業者によっては、紙や衣類、金属なども買取品として扱ってくれ、代金から値引いてくれる業者もあります。

なので、処分品によってはお金が掛かったり、逆に買い取っていただけたりする物もあるので、色々と家財の種類によっても料金が変わってくるということです。

遺品整理業者の料金の決まり方│作業希望日や作業日程

作業希望日や作業日程によっても金額は変動します。

「賃貸物件で大家さんに明日までに家を引き払ないといけない。」など回収期日が迫っている緊迫した案件や休み前で依頼が集中する日などは、高くなる傾向にあります。

なぜなら、期日までに迅速に回収を完了するために、多くの作業員を現場に配置する必要が出てくるからです。

また、遺品整理業者としても、依頼が集中することを避けるため、平日や休日前、休日で料金を変動させている業者が多いです。

業者への依頼は、なるべく余裕を持った行動を心掛けることが大切です。

遺品整理業者の料金の決まり方│建物や立地状況

依頼現場の建物状況や立地状況によっても価格が変動します。

例えば、2階以上のマンションに住む方だったりすると、エレベーター有無であったり、部屋から出せないので、ベランダから高所作業車を準備する必要なあったりすると、追加料金が発生したりします。

また、道路が狭くて、作業車が入れない!

とかなると、作業車を遠いところに駐車!結果、作業時間が増えて、追加料金が発生!ってこともあります。

おすすめな遺品整理業者を選ぶポイントを紹介!

遺品整理業者の選ぶポイント

年々増えつつある遺品整理業者!一方で悪質の業者によるトラブルも増えつつあります。

もちろん優良業者が大多数!

少数派の悪質業者に悪評を広められるのは、とても残念ですよね。

では、ここからは悪質な遺品業者を排除!優良な遺品整理業者を選ぶ上でのポイントを紹介していきますね。

検討している遺品整理業者に遺品整理士が在籍しているかどうかを確認すること

遺品整理士が在籍しているか

まずは、遺品整理士が在籍しているか!がポイントですね。

遺品整理士・・・一般社団法人遺品整理士認定協会の民間資格です。いわゆる遺品整理の正しい知識や法律の理解を持った専門家。

実は、専門的知識を持たない遺品整理業者もあるんですよね。

知識の業者によって、貴重品を処分されたなんてことも・・・。

故人のことを理解し、寄り添った対応ができるのも、専門的知識があるゆえです。

遺品整理の専門家である遺品整理士が在籍しているかどうかは、信頼できる業者である一つの基準だと思ってください。

そもそも大切な故人の遺品!無知な人には、絶対頼みたくないですよね。

検討している遺品整理業者は訪問見積もりに応じるか

依頼している遺品整理業者が、訪問見積もりに応じてくれるかどうかもポイントになります。

中には、訪問見積もりに応じない業者もあり、そういった業者に限って、作業後に追加請求を行ってくる悪徳業者の可能性もあります。

電話やメールだけで、家の家具などを全て伝えることはなかなか難しいし、たとえ相手が優良な遺品業者であったとしても、金額の掛かることなのでトラブルの元です。

訪問見積もりを明らかに避けようとする業者は、初めから除外しても良いと思います。

少し手間はかかりますが、遠方で不可能など物理的にムリな場合を除き、直接訪問してもらって見積もりを取ってもらうようにしましょう。

検討している遺品整理業者の出す見積書の記載は明確かどうかを確認すること

見積りは明確か

業者が出す見積もりの内容は、作業内容や内訳がしっかりと記載されているか!こちらもしっかりと確認しておきましょう。

見積内容が、「遺品整理一式」などひとまとめになってませんか?

一式でひとまとめにしていると、依頼者に作業項目がわかりにくいし、後から「この作業は想定していたより作業に時間が掛かったから追加で料金が掛かる」など不当に金額を追加請求してくる悪徳会社もあります。

金額の内訳がわからないと、工事完了後、項目ごとに完了確認もできないですよね。

逆に金額が他より極端に安い遺品整理業者もおすすめできないので注意!

あんがい高い遺品整理業者に目が行きがちですが、実は、相場より極端に安い遺品整理業者にも注意が必要です。

理由は、料金相場がある中で、明らかに料金が安いのは、何かしらの理由があるはずだからです。

  • 遺品の仕分けをほとんど考えず、作業時間の短縮ばかり狙う業者。
  • オプションサービスメインで、結果、追加請求が必要な業者。
  • サービス内容がそもそも不十分。

などなど考えてみれば、逆に、最初から高い料金設定をしている方が、良心的かもしれないですね。

遺品整理業者もしくは委託している業者が廃棄物を適切に処分しているかを確認すること

廃棄物は適切に処理しているか

きちんと廃棄物を処理してくれるかどうかもポイントです。

依頼した方にとって、遺品整理後の廃棄物の処理をどのように行っているかなんて関係あるの?って思うかもですが、遺品整理業者だけでなく、依頼者も責任を問われる可能性があるのです。

悪質な遺品業者が、廃棄物の処分費を抑えるために行った不法投棄で、責任を問われるなんて絶対に許せないですよね。

廃棄物をしっかりと処理してくれる業者か判断するポイントとして、遺品整理業者、もしくは廃棄物の処分を行う業者が「一般廃棄物収集運搬許可証」を持っているかどうかもポイントになります。

廃棄物を処分する場合、この「一般廃棄物収集運搬許可証」というものが必ず必要になってくるんですよね。

依頼した遺品整理業者が、しっかりとした業者であるか、自分自身で確認を行っておきましょう。

検討している遺品整理業者の対応が丁寧かどうかを確認すること

対応は丁寧か

依頼業者の言葉遣いや態度、対応も業者選びには、とても重要ですね。

遺品整理に慣れている方は少なく、今後の手順や方法についても不安を抱えているのが一般的です。

はじめてのことばかり!業者に頼むからには、どんな些細なこともめんどくさがらずに親身になってくれる業者にお願いしたいですよね。

実は、対応が丁寧な業者かどうか判断する一番手っ取り早い方法があります。

それは、訪問見積もりをお願いすることです。

いくらメールや電話で事前やり取りをしていても、相手の顔が見えないととても不安だと思います。

訪問見積もりの良いところは、直接担当者とお会いできるってことなんですね。

お会いできれば、自分の目で相手を確認できるので、お願いしたい遺品業者かどうか判断しやくなると思います。

遺品整理は、遺族にとっても、業者にとっても、特に繊細な業務になりますので、この人なら安心して任せられるな!っと業者に依頼するようにしましょう。

みんなの遺品整理にも登録のある遺品整理業者「株式会社絆」をご紹介!

ここまで、みんなの遺品整理で遺品整理業者を検索するメリットをお伝えしてきました。

遺品整理に悩む男性
遺品整理に悩む男性
実際に「みんなの遺品整理」では、どんな会社を取り扱ってるの?

ということで、実際に「みんなの遺品整理」に登録のある遺品整理業者を一つご紹介しておきます。

「みんなの遺品整理」とも提携!おすすめ遺品整理業者「株式会社絆」

みんなの遺品整理でおすすめ遺品整理業者「絆」のアイキャッチ

ということで今回は、世田谷区を中心に、東京23区〜神奈川県・埼玉県・千葉県を網羅する「株式会社絆」をご紹介したいと思います。

というのも、優良指定遺品整理会社として業界トップの会社であり、サービス内容を含め、かなり優秀な業者であるからです。

先に、結論をまとめておくと、

  • 日本唯一のSHP工法で、消臭対策が他の業者よりも強い!
  • 遺品整理士、特殊清掃士といった専門資格者が在籍しているので専門性に優れている!
  • 遺品整理だけでなく、特殊清掃やゴミ屋敷清掃、事故現場清掃も対応しているため、一括してお願いできる!
  • 女性スタッフが在籍しているので、女性の方でも安心して依頼が可能!
  • 昨年のお見積り後の成約実績95.3%!実績に対応の良さが表れている!
  • 年中無休で24時間対応なので、時間を気にせず相談が可能!
  • 遺品整理以外でも墓じまいといった関連サービスも対応可!
  • 損害賠償として最高1億円の保証付き

とサービス内容にかなり力を入れている遺品整理業社になります。

そしてこの「株式会社絆」にお願いする依頼業務のほとんどが自社で完結していることもあり、工程もスムーズ!外注作業がないため価格も抑えらるのもポイントですね。

特に、石炭を用いた機能性塗料による消臭対策SHP工法が売りってこともあり、事故物件などにおける特殊清掃に強い会社になります。

この絆にお願いしておけば、遺品整理に関連する業務はすべてお願いできるので、一都三県とエリアは限定的ですが、その地域にお住いの方で、どの業者にしようか悩んでいる方には、おすすめな業者です。

まとめ

まとめ

遺品整理業者は、近年、核家族や高齢化が進むとともに、遺品整理の需要も増えつつあり、テレビなどにも取り上げれるようになってきました。

年々増えつつある遺品整理業者に比例し、悪質な遺品整理業者による高額請求や遺品の盗難、不法投棄が増えているのが実態です。

冒頭でも少し触れましたが、この「みんなの遺品整理」は、そんな悪質な遺品整理業者から依頼者の身を守るため、株式会社LIFULL seniorと一般社団法人遺品整理士認定協会とが共同して立ち上げたサイトになります。

「みんなの遺品整理」に登録されている業者は、すべて厳しい審査を通過した業者のみ!なので、依頼者も安心して依頼ができるというわけです。

8000~9000社いる遺品整理業者の中から、厳選された602社が全国を網羅しているので、日本全国でも対応可能なのも依頼者にとってはありがたいですね。

「みんなの遺品整理」で遺品整理業者をを探すメリットをまとめると、

<みんなの遺品整理をおすすめする7つのメリット>

  1. 遺品整理認定協会の相談員によるサポート付き
  2. 3社一斉に無料で一括相見積もりが可能
  3. 厳選された602社と提携!全国を網羅!
  4. すべて遺品整理士が在籍!
  5. 遺品整理士認定協会の厳正なる加盟審査!
  6. 運営側で依頼業者の見積もりを確認!
  7. すべての口コミが依頼者から寄せられたもの!

となります。

遺品整理業者選びに迷っているあなたにおすすめな「みんなの遺品整理」!

見積もり依頼は、簡単にインターネットから可能です。

故人の遺品整理を遺品整理業者にお願いをしようと思っている方は、ぜひ一度みんなの遺品整理を利用してみてください。

後悔させない自信がありますよ。

\まずは無料見積りで複数業者を比較しよう/

みんなの遺品整理公式サイトへ

関連リンク